WB工法とは?

wb工法

 WP通気断熱工法


» 自然工法、自然な通気の力で一年中快適・省エネ


日本の住宅は現在、高気密・高断熱の住宅が主流になってきています。
冷房により冷やされた空気・暖房で暖められた空気を、高気密の部屋に閉じ込め、省エネ化を推進しようという考えです。
ところが、深刻な問題が浮上してきました。

高気密・高断熱を突き詰めた弊害。
日本の気候・風土を軽視した弊害。

新築直後に、頭痛や目やのどの痛み、吐き気、喘息発作、アトピーなどの悪化といった健康被害をお引き起こすシックハウス症候群がその一例です。

部屋の壁や床、天井につかわれた建材から出るホルムアルデヒドなどの有害科学物質がこもってしまうことが原因といわれます。
そして、結露によるダニやカビの発生も高気密化ゆえの弊害です。


これらの問題を解決するのが、この二重の通気層をもつ自然の力を活用した「通気断熱WB工法」です。

日本の伝統建築を生かしながら、健康・快適・省エネを実現したのはWB工法なのです。

» 通気断熱WB工法と従来の高気密・高断熱工法の比較


B通気断熱工法の家づくり 来工法の家づくり


通気断熱WB工法は2つの空気層と形状記憶式自動開閉装置で、家が自信が呼吸しているような自然な通気を生み出します。

各ヘルスは気温の変化に合わせ開閉し、空気の流れをコントロール。壁体内の通気層は暑い日は冷却層に、寒い日は保温層に変わります。通気断熱WB工法は日本の気候に最適な家を実現しました。



通気・断熱
夏 冬


通気層+形状記憶式

WB工法についてはここをクリック